Bilingual

英語力を育む

KDIのバイリンガル教育
世界に羽ばたく力を。
お子さまが世界で活躍する姿を想像してみてください。
お子さまが社会で活躍する20年後の世界で、経済的あるいは文化的・社会的な国境が限りなく低くなっていることは想像に難くありません。これからの日本ではグローバル人材こそが求められ、より多くの活躍の機会を得られると考えられます。海外の大学で学ぶ、世界を舞台に働くということも、その選択肢の一つ。
国際的な視野を持ち、世界を舞台に活躍し、自らの未来を切り拓く。こうしたグローバル人材の礎を築くことを目的としたキッズデュオ インターナショナル(KDI)のバイリンガル教育。英語が"当たり前"の時代を迎えようとする今、KDIで過ごした日々が将来のための貴重な財産になることを、私たちは信じています。
お子さまが世界で活躍する姿を想像してみてください。
真の国際人を育成する
英語圏の文化と日本の文化。
2つの文化の理解が、国際人としての土台を築く。
キッズデュオ インターナショナル(KDI)のミッションを一言で表すならば、英語教育を通して『真の国際人』としての素地を育むことです。天然資源に乏しい島国の日本が、今後様々な分野において国際舞台に打って出るためには、Lingua Franca(=世界共通語)としての英語を使いこなすことのできる人材を育てる必要があります。KDIが提供する教育環境、たとえば厳選された教材、ネイティブ教師とバイリンガル教師の連携、スマートボード(高性能電子白板)を駆使したICT授業、クラスメートとも英語で自然に話せるフラットな雰囲気などは、すべてこのミッションの実現のためにあるのです。
KDIのバイリンガル教育が目指すのは、日本語教育を通じて、日本人としてのアイデンティティーや母国を深く知ることを大切にしながら、その一方で、生きた英語を身につけ、異国の文化を尊重し、相手の文化的背景に合わせて自分のコミュニケーションスタイルを変えられる人、すなわちバイリンガルなだけではなく、バイカルチュラル(Bicultural)な真の国際人の育成なのです。
高い効果を生み出す"英語イマージョン教育"
英語を学ぶのではなく、英語で学んで英語を自然に習得する。
言語習得の臨界期については世界中で諸説唱えられてきましたが、その「黄金期」となると、2歳~6歳で間違いないと言えるでしょう。シナプス形成の可塑性、つまり脳の感受性が人生で最も高いこの時期に質の高い教育を授けることは、その後の長い人生において大きな意味を持ちます。KDIでは、英語イマージョン教育(immersion:浸すこと)に文字通り"浸る"ことで、英語や外国人への抵抗感をなくし、様々な知識や広い視野、英語で考え英語で発信する力などを、楽しみながら自然に身につけることができます。
6歳までに英語と母国語の双方をある一定レベルで習得できれば、脳の中で2つの言語が対等に積み上げられるため、その後の言語習得プロセスにおけるストレスを最小化することも可能なのです。
KDI式英語イマージョン教育の実践英語で「体験する」「身体で覚える」ことを目的に生まれた独自のプログラム
English Topic
English Topic

English Topicは、7週間に一度のサイクルで決められた1つの大きなテーマ、3つの小さなサブ・テーマに沿って、ゲームやドリル、対話や様々な体験活動などを通じて、自然な語彙・表現を身に付けるプログラムです。教科書の語句を機械的に暗記するのではなく、視覚教材を活用して語句が持つイメージを関連付け、正しい発音をインプットします。さらに、実際に教室の外に飛び出し、現実の世界でどのように使われているかを五感で体験し、習得します。

Learning Stations
Learning Stations

Learning Stationsは、銀行・パン工場・スーパーマーケットなどの職業体験を『英語で』行います。例えば銀行では数の概念を学び、ベーカリーでは調理を通じて「(卵を)割る」「溶く」「混ぜる」「焼く」などの動詞を大量に浴び、体で反応する(⇒TPR理論)ことで、英語の文構造に慣れ親しむことができます。スーパーマーケットでは、売り手・買い手の各立場で、物を売る・買うことの意味・面白さを体験します。KDIでは、目の前の子どもたちが英語で『体験する』『体で覚える』ことを最重要視して、独自のカリキュラムを創っています。

圧倒的な英語量が、英語耳を作る。
POINT
圧倒的な英語量が、英語耳を作る。

他のヨーロッパの言語と比較して、日本語は"英語からの距離が遠い"言語といえます。英語には、日本語と全く異なる発音・リズム・抑揚・周波数などがあります。日本人は総じてこの英語特有のノリについていけず、それが英語習得の大きな壁になってしまうことが多いのではないでしょうか。
KDIでは、一日の大半を英語の中で過ごします。英語の授業だけでなく、日本語クラス以外ほぼすべての活動において、英語のシャワーを浴び続けます。母語のフィルター(習得した母語が、第二言語に及ぼす負の影響)が現れる前の大事な「黄金期」に、大量のインプットと少量のアウトプットを日常的に繰り返すことで、一生ものの英語耳を作ることが可能になるのです。

高い効果を生み出す"英語イマージョン教育"
成長が目に見える。その喜びが、次の成長のための大きな力に。

お子さまの成長を保護者のみなさまとともに喜び、さらなる成長をともに支えることを目的に、それぞれの学年ごとに全園児の習熟度を個別に年2回測定し、『KDI Report Card(成績通知表)』としてご家庭にお渡しいたします。

各学年の年間カリキュラムに含まれる語彙やフレーズがどの程度定着したかを、KDI独自の方法で測定します。この測定によって、聞く・話す・読む・書くの4技能はもちろん、英語環境における性格や生活力なども定量化できます。卒園後の進路としてインターナショナル・スクールに出願する場合、教師の推薦状に加えて、このReport Cardを提出することになります。卒園を迎えるまでに、英検Jr.のゴールド(※6歳以下の受検者は、全受検者のわずか5~7%程度)相当の英語力はもちろん、英検準2級の二次試験レベルの力が身につくことを目安としています。

KDIのカリキュラムは英会話力に重点を置いており、特定の試験のために作られたわけではありません。しかし、KDIの英語教育と知能教育の2本の柱を組み合わせれば、検定試験合格という結果が自然に伴ってくるのです。

大切なお子さまが、ネイティブ教師と会話のキャッチボールを楽しんでいる場面を想像してみてください。その場面が、まさに現実のものとなる日が来るのです。

Kids Duo International Report Card - 拡大して表示する
KDI Report Card 評価項目
  • 1.LANGUAGE DEVELOPMENT - 言語の発達
  • 2.READING READINESS - 読むために必要な基礎力
  • 3.CHARACTER DEVELOPMENT - 性格の発達
  • 4.WRITING READINESS - 書くために必要な基礎力
  • 5.MATH READINESS - 数学に必要な基礎力
Contact us
入園をご希望される方へ。
入園エントリー、お問い合わせを受け付けています。受付時間:10:00〜16:00(土日祝を除く)
  • Kids Duo International センター南
    センター南 / 0120-570-700
  • Kids Duo International 池上
    池上 / 0120-997-030
  • Kids Duo International 三鷹
    三鷹 / 0120-110-770
  • Kids Duo International おおたかの森
    おおたかの森 / 0120-997-030