こどもたちに、
人生をデザインする力を。

AIの台頭やグローバリゼーションなど、私たちの想像を超えて変化を続ける
現代の日本。そうした不確実性の高い社会だからこそ、自分で考え、
自分らしさを磨き、自分が社会の中で“輝く場所”を創り出す力を育てたい。

私たちキッズデュオ インターナショナルは、英語・知育・体育を軸にした
最先端の幼児教育で、こどもたちが自ら「人生をデザインする力」を育む
バイリンガル幼児園です。

Method 01幼児が夢中になる英会話幼児向け英語イマージョン

「イマージョン教育」と呼ばれる手法を私たちは幼児向けに応用しました。
授業で学ぶだけでなく、日常の遊びや会話に子どもたちが喜んで話したがる言葉(「Pee(おしっこ)」とかも!)を取り入れます。
自ら夢中で英会話したがる環境で気がつけば自国語のように。

img1

英検準2級に合格

幼児でも大人以上の英語力。確かな実績は確かな手法の証です。

img2
img1
img2

Method 02遊んでるだけのようで実は…知能因子論カリキュラム

子どもたちの姿はやはり楽しく笑って遊んでいるのが一番!
でも、私たちはそこに、思考力・読解力・表現力など、24の知能因子を刺激する要素をこっそり潜ませています。
脳の発達をバランスよく促し才能開花に導くのです。

img1

平均IQは145.3

IQで見ると平均値100を大幅超え。志望校合格にも繋がるようです。

img2
img1
img2

Method 03あらゆる運動の基盤作りスポーツバイオメカニクス

幼児期に大事なことは、将来、あらゆるスポーツに挑む上での基盤となるように運動神経や肉体を鍛えることです。
自身の運動能力向上の他、他学年共同の活動も取り入れることで、リーダーシップや相手を思いやる気持ちまでも育てます。

img1

50m走/9.42秒

基礎体力の目標は卒園までに小3レベル。これはKDIだからこそ生まれた記録です。

img2
img1
img2

Method 04社会に、家族に、感謝する心早期キャリア教育

これは子どもたちに大好評のお楽しみイベントの一例です。
様々な職業をロールプレイング形式で体験することで、社会の成り立ちや、働くことの楽しさを身をもって学びます。
他者への敬意の気持ち、ひいては両親への感謝の心を養います。

img1

20種以上の職業体験

職業体験専用ブースは園内に常設。イベント用設備は他にも盛り沢山。

img2
img1
img2

Method 05日本人であり国際人であるライフスキル教育

国際人になることは、日本人を捨てることではありません。
日本人として不可欠な礼儀作法や文化を習得していくことでこそ、自分をしっかり持ち、異文化を尊重できる真の国際人になれます。
これはKDIならではの理念でありプログラムです。

img1

まず箸が使える2歳児に

理解より実践から。学年にあわせたプログラムで無理なく習得します。

img2
img1
img2

Support

幅広いサポートでご家庭の負担を軽減し、ご家族の豊かな生活をバックアップいたします。

  • support1

    最長20時までの長時間保育

    お仕事の時も、お子さまを安心してお預けいただける万全の体制です。

  • support2

    専用バスでの送迎サービス

    時間のない朝や忙しい夕方でも、専用の送迎バスでお連れします。

  • support3

    保護者も楽しい年間イベント

    ご家族みんなで楽しめる、たくさんのイベントをご用意しています。

  • support4

    成長が実感できる定期連絡

    写真入りのニュースレターなど、園での様子を日々お届けします。

  • support5

    ご家庭の負担を軽減

    ぞうきん作成、ゼッケン付けなど、面倒なしきたりは一切ありません。

  • support6

    徹底した安全管理システム

    最先端の防犯・防災・衛生管理で、お子さまの安心・安全を守ります。

教育界の有識者たちの声

池谷 裕二

池谷 いけがや 裕二 ゆうじ先生より(大学教授)

2歳ぐらいから英語漬けの環境に身を置き、「英語ができる」自信を育むと、それが積極性につながります。すると、可能性を広げられるのではないかと考えられます。
また、また、異文化を理屈だけでなく感覚として学べるのも、早くから英語を始めるメリットです。

牧野 篤

牧野 まきの あつし先生より(大学教授)

幼児期に語彙を豊かにし、自己表現する機会を多く持つことは、思考の成長や深まりだけでなく、自己肯定感を養い社会性を身に着ける上で効果的だと考えます。
そのためにも、多様な機会の中で表現力や挑戦心の養成を目指すKidsDuoInternationalは適した環境であると考えられます。

深代 千之

深代 ふかしろ 千之 せんし先生より(大学教授)

幼児期は脳などの神経系の発達が著しい時期です。この時期に身体を動かすことは、脳を活性化させます。運動能力を科学的に評価し効果的な指導をするKDIには、スポーツに必要な基本動作の習得と、子ども達の工夫する心、そして自身とやる気を育むと期待しています。

保護者さまに伺いました。KDIってどうですか?

  • 年少々クラス Nちゃんのお母さま

    初めて英語を話したのが、単語とかではなく「Can I have an icecream, please?」っていきなり話し出しました。親が考えているステップを数段飛び越えて覚えてきたので、正直驚かされました。気が付いたらネイティブの人に自分から自己紹介したりとか、海外旅行に行った時に自分で注文したいって言ったり、気がついたら英語が身についている感じです(笑)

    年少々クラス Nちゃんのお母さま

  • 年長クラス Sくんのお母さま

    保育園で目的もなく過ごすというのに疑問を感じていたので、きちんと子どもの将来のためになる時間を過ごさせたいと思っていました。KDIはネイティブティーチャーとバイリンガル保育士の両方の先生方が、手厚くケアしてくださるのでとても満足しています。カリキュラムが充実しているので、習い事をたくさんさせるよりもKDIですべてが賄えるというのもとても良かった。小学校受験を考えているので、幼児園でしっかり受験対策ができるというのも魅力ですね。

    年長クラス Sくんのお母さま

  • 年少クラス Mちゃんのお母さま

    Kids Duo 英語を学びながらも、日本人としての下地はきっちり身につけてほしいと思ってました。KDIはバイリンガル教育だけでなくて、知育や運動、しつけもしっかり取り組んでくれるのでバランスがよいのが魅力です。あと、理屈抜きに子どもたちが楽しいって言っているのがすごい。あんなにカリキュラムがたくさんあるのに全然苦にしてなくて「とにかく楽しいっ」て。家でのフィードバックがすごいんです。

    年少クラス Mちゃんのお母さま

  • 年中クラス Nくんのお母さま

    先生たちが良い。すごく盛り上げてくれますよね。子どもの気分もすごい盛り上がるのが分かります。参観日で、生き生きしながらネイティブの先生とコミュニケーションを取っている姿に感動しますね。これは本物だなっ~て。この前もコンサートに行った時、息子がいきなり外国人に「なんでこんなに時間がかかっているの? まだ始まらないの?」って英語で。外国人の方にいきなり声かけるってハードル高いと思うんですけど、それが普通にできちゃってるっていう。

    年中クラス Nくんのお母さま

Facility

  • エントランス

    「エントランス」では、こどもたちが自ら靴を整理整頓します。

  • Learning Station

    「Learning Station」では、様々な職業を体験できます。

  • トイレ

    「トイレ」は、スタッフの目が届くよう安全面に配慮しています。

  • 園庭

    「園庭」には、こどもたちが駆け回る元気な声が響きます。

  • 忍者ルーム

    「忍者ルーム」では、多彩な運動指導のキャリキュラムを行います。

  • 教室

    「教室」では、自分のことは自分でできるよう取り組みます。

  • ホール

    「ホール」では、園行事や季節のイベントを楽しめます。

School