Columnコラム


インターナショナルスクールの学費って? 学費の相場や無償化について

国際的な感覚を身につけさせるなどの理由から、子どもに早期英語教育を受けさせたいと考える親は増えてきています。具体的な教育プランの検討に向けて、インターナショナルスクールやプリスクールの学費について関心を高める人も多いのではないでしょうか。そこで、この記事ではインターナショナルスクールの学費の相場や無償化などについて解説していきます。

1. インターナショナルスクールの学費

インターナショナルスクールの学費は、年間で200万円を超えるところもあります。しかし、実際の学費はそれぞれの学校や年次などで異なるため、一概にいくらということは言えません。そこで、まず目安にできるような学費の相場や内訳について紹介していきます。

1-1.学費の相場はどのくらい?

一般的なインターナショナルスクールの学費は、150〜200万円が相場と言われています。例えば、平均的な私立の学校に通学させるよりも高額になると考えておけばいいでしょう。ただし、学費は地域によって差が出やすいものです。そこで、インターナショナルスクールの人気が高い東京都と横浜市、神戸市の3地域に絞って学費の相場をまとめてみました。海外の相場と併せて参考にしてください。

1-1-1.東京の相場

まずは、東京都の相場から見ていきましょう。東京都は、小学校、中学校、高校の年間にかかる学費はそれぞれ200〜250万円といったところです。小学校の場合は教材費と授業料、さらに施設使用料まで含めて年間で200万円以上はかかります。6年間通うことを考えれば、1200万円以上は必要になります。その他、20〜50万円の入学金が必要です。中学校の場合も、小学校と学費の内訳はほぼ変わりません。

高校の場合は年間200万円程度の学費に加え、施設使用料や教材費については別途必要になることもあります。ただし、入学金は30万円ほどが多く、小学校や中学校より低めの傾向が見られます。東京都は、全体的に見てインターナショナルスクールの学費は高めです。安いところでも年間200万円以上はかかると考えておいたほうがいいでしょう。しかし、これは一般的なインターナショナルスクールの話です。人気校になると、学費は250万円前後のところも出てきます。ただ、安いところを探せば、年間の学費を100〜120万円ほどに抑えられるインターナショナルスクールも探すことはできます。その場合、入学金を入れても200万円以内に収めることが可能です。

1-1-2.横浜の相場

横浜市の場合、インターナショナルスクールの学費相場は東京都とほぼ変わりはありません。小学校、中学校、高校ともに東京都に近いといえます。ただ、高めのインターナショナルスクールになると、年間の学費は270万円前後になるケースも見られます。レベルが高く人気もあるインターナショナルスクールへは、東京都内から子どもを通学させる親もいます。また、横浜市の特徴として見られるのがインド系インターナショナルスクールの存在です。インド系インターナショナルスクールは他のスクールより学費が安く、年間で60万円程度しかかかりません。月に換算すると5万円程度の学費で収まるため、かなり手頃です。

1-1-3.神戸の相場

神戸市のインターナショナルスクールは、東京都や横浜市と比べると学費が全体的に低めという特徴があります。年間の学費は150〜200万円前後です。もっとも高いインターナショナルスクールの学費は年間で220万円以上ですが、一方で年間の学費が140万円を切るところも複数見られます。もっとも多い学費は150万円前後で、関東のインターナショナルスクールと比べれば安く通学させることができるでしょう。ただし、立地を考えると、さすがに東京都内など関東から通学させることは難しいといえます。

1-1-4.海外の相場

海外となると、それぞれの国の経済状況の違いが顕著に表れます。また、為替レートによっても変動があるため、一概に海外相場として一括りにすることはできません。ただ、一つ言えることはアジア圏の国には安いインターナショナルスクールが多いということです。アジア圏の場合だと、日本円に換算して数千円程度で済むスクールも見られます。これは年間にかかる学費のことで、いかに安いかがわかるのではないでしょうか。ただしアジア圏でも例外はあります。イギリスの伝統校を母体としたインターナショナルスクールは、中国にあっても年間の学費は数百万円かかります。

アジア圏は全体的に安いのに対して、ヨーロッパは国によって学費に大きな差が出るのが特徴的です。年間で100万円以下の国が多い一方、スイスは300万円前後と高めになります。一つの地域でもっとも開きがあるのはパリです。安いスクールは年間30万円を切りますが、高いところとなると400万円近くとかなりの差があります。ヨーロッパで地域全体が安いのはコペンハーゲンです。安いところは50万円程ですが、高いスクールでも年間60万円程度もかかりません。

1-2.学費の内訳は?

インターナショナルスクールにかかる学費は、内訳については一般的な日本の学校と変わりません。授業料や教材費、そして施設使用料などが含まれた形になります。では、志願時と入学時、さらに在学時といったそれぞれのタイミングで学費がどれくらいかかるのか紹介していきます。

1-2-1.志願時

インターナショナルスクールに志願する際は、通常志願料が必要になります。志願料は、日本の一般的な私立校や高校、大学などの受験料に相当するものです。志願料は、願書を提出するときに納めます。志願料はスクールによって異なりますが、目安としては2〜5万円程度と考えておけばいいでしょう。インターナショナルスクールに入学させる場合、その前にプリスクールに通わせるケースが多く見られます。そのため、事前準備に費用がかさむことも考えておく必要があります。

1-2-2.入学時

では、インターナショナルスクールの入学時はどれくらい費用がかかるのか説明していきます。入学時にかかるのは入学金と授業料、教材費、そして施設使用料です。入学時の費用については、スクールによっては一括払いで納めることもあります。そのため、準備を忘れることのないよう、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。内訳の目安としては、入学金として20〜50万円程度、授業料は100〜280万円程度です。

施設使用料については20〜50万円程度で、教材費も大体同じで20〜50万円ほどかかります。この他、保護者会費などの費用として10万円以上必要な場合もあります。ただし、これはあくまでも目安で、実際にはそれ以上かかるかもしれません。日本の一般的な公立小学校の場合でいえば、授業料は無償となっています。私立小学校でも、授業料が100万円を超えることは少なく、そう考えるとインターナショナルスクールがいかに学費が高額になるかわかります。

1-2-3.在学時

在学時は、もっとも費用がかかるといえます。毎年必ずかかるのは授業料です。支払方法についてはスクールによって異なりますが、通常は学期ごとまたは半年分ずつ納めるか、1年分を一括で支払うかのどれかになります。授業料は、学年に応じて金額が変わるのが一般的です。通常は、100〜250万円ほど見ておけばいいでしょう。ただし、通学するには授業料の他にスクールバスの利用料やランチ代もかかります。スクールバスの利用料は月額で数万円〜数十万円で、距離によって大きく変わってきます。ランチ代についてはあまり費用はかかりません。月額でせいぜい1〜3万円程度です。インターナショナルスクールの場合、海外へ行く機会があるという点が通常の日本の学校との違いといえます。海外への渡航費用も決して安くはありません。交通費はもちろん、現地での宿泊費や食費なども必要です。運動会やクリスマスといった学校行事の他、音楽イベントやスポーツ大会などにも費用がかかります。また、国際イベントへの参加にもその都度費用が必要です。こうしたさまざまなものを含めていくと、小学校の6年間にかかる費用は1000万円を軽く超えるでしょう。

1-3.プリスクールの学費は?

プリスクールは、日本でいえば保育園や幼稚園に相当するものです。年間の授業料は、150〜200万円程度かかります。ただし、プリスクールには半日コースと終日コースがあるのが一般的で、どのコースを選ぶかで授業料は変わってきます。プリスクールにも志願料と入学金が必要です。志願料は2万円前後ですが、入学金は30万円前後でインターナショナルスクールとあまり変わりはありません。これらを合算すると、初年度は180〜230万円程度になります。

プリスクールの授業料は、首都圏は高いものの、関西やそれ以外の地方都市はやや安い傾向が見られます。この点は、インターナショナルスクールと同じです。また、授業料以外にもさまざまな出費があります。年間を通してのイベントや行事はもちろん、スクールバスの利用料なども考えておかなければなりません。プリスクールの場合でも、さまざまな面で費用がかさむのは一般的なことです。支払方法も含めて、事前に正確な金額を確認しておいたほうがいいでしょう。

1-4.公立や私立の学費との比較

では、日本の公立や私立の学校に通学させる場合と比べて、どれくらい学費に差が出るのか見ていきましょう。まず、公立小学校です。学校教育費と学校給食費を合わせた年間の学費は、平均で11万円ほどしかかかりません。私立小学校になると高めで、学校教育費と学校給食費を合わせた学費は年間でおよそ92万円です。日本の一般的な小学校に通わせる場合、学習塾や習い事に通わせることが多く、学校以外の教育費もかかります。

それらの、教育費もすべて合算すると、公立の場合で32万円ほど、私立なら154万円程度は必要です。中学に進学すると、学習塾に通う子どもの割合はさらに高くなります。しかし、それでも公立なら年間で48万円ほどしかかかりません。私立の場合は小学校より安く、134万円程度です。これは、付属校などの場合は受験費用がかからないことが要因になります。一方、インターナショナルスクールは、小学校も中学校も平均すると200万円以上はかかります。公立や私立といった日本の一般的な学校に通学させる場合と比べれば、学費はかなり高額になるといえるでしょう。

2.インターナショナルスクールの無償化とは

インターナショナルスクールに通わせたいと考えているものの、学費の面で迷っている親は多いのではないでしょうか。実は、インターナショナルスクールでも、学校教育の無償化制度を利用できる場合があります。では、一体どのようなケースで無償化や補助金給付の対象になるのか解説していきます。

2-1.幼児教育の無償化を利用

2019年10月から実施されている制度に「幼児教育無償化」があります。もちろん、利用には一定の条件が必要ですが、インターナショナルスクールにも適用されます。ただし、正確に言えば無償化ではなく、補助金を給付することになります。では、適用条件について見ていきましょう。まず一つは、通っている施設が認可外保育施設に該当していることです。さらに、子どもに保育の必要性が認められるケースに限定されています。

保育の必要性が認められるケースとは、親が共働きの場合やシングルマザー、またはシングルファザーなどの場合を指します。こうした条件だと子どもを自分で見ることができないため、必要と認めてもらうことができます。「幼児教育無償化」は給付されるタイプで、学費は一旦自分で納めなければなりません。納めた後で自治体に申請を行い、通れば月額にして3万7000円の給付を受けることができます。1カ月当たりにするとやや少額な印象を持たれがちですが、年間にすると44万4000円になります。そのため、大きく学費を抑えることができるでしょう。

ただし、実際の条件は市区町村によって多少の違いがあります。「幼児教育無償化」制度を活用するには、まず居住地にある役所への確認が必要です。「幼児教育無償化」は役所の「保育課」で対応しています。施設等利用給付認定申請書と就労証明書などの書類があれば、申請は可能です。就労証明書が必要なのは就労が条件に該当する場合で、必要になる書類は人によって変わってきます。申請する際はあらかじめ最寄りの役所で確認しておくといいでしょう。また、施設等利用給付認定申請書と就労証明書は、役所のホームページからダウンロードすることも可能です。

費用やメリットをよく考えて後悔のない選択を

インターナショナルスクールは高額ですが、無償化・補助金制度で負担を軽減することもできます。国際感覚が身に付く一方で、日本語や日本人としてアイデンティティを喪失する危険性もあります。そうしたデメリットを踏まえてスクール選びをしたほうがいいでしょう。Kids Duo Internationalは、幼児教育無償化対象の教育施設です。バイリンガル幼児園として、日本人としてのアイデンティティを大事にしながら国際人の育成を目指しています。

早期英語教育には、英語力を身につける以外にもさまざまなメリットが存在します。異文化理解を深め、自信をもって英語でコミュニケーションをとれるようになるために、幼少期から英語に触れさせていきたいものです。

学習法は、習い事や教材を利用するほか、英語のCD・DVDを流すなどさまざまな選択肢が存在します。ただ、一定以上の英語量に触れさせ、英語を話す環境下に身を置くとなると、「インターナショナル幼稚園」や「プリスクール」が最適かもしれません。

早期英語教育を中心とした独自のカリキュラムを採用しているのが、バイリンガル幼児園「Kids Duo International」。卒園までの4年間で約3,000時間を英語で過ごすため、英語教育に関心の高い保護者の方から注目を集めています。
40年間にわたって培われた教育カリキュラムでは、語学以外の面にも注力。バイリンガル講師とのコミュニケーションや知能教育のほか、クラスメイトとの遊びを通して英語圏と日本の文化に触れられるなど、日本語と英語をバランスよく学ぶことも大切にしています。

※説明会は園舎ではない場所で実施される場合があります。